アラサー独身女、年180万以上の不労所得形成を目指す

主に日本株式の取引、積み立てている投資信託の記録。フリマアプリもしています。

『株式』ウエスコホールディングス100株購入、四国水族館の入場無料券

こんにちは。今回は、『来年の旅行に行けたらいいな。』と願いを込めて、四国水族館の入場券が株主優待品としてもらえる。

株式を100株保有しました。

f:id:tubaki151:20200717155312p:image

 

<免責事項>

本ブログの内容は、正当性を保証するものではありません。
本ブログの内容を利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
最終的な決定は、自己責任でお願い致します。

 

 

ランキングに参加中です。応援してくださると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

【目次】

 

 

株価の終値と翌日の始値が違う理由

 

私は、株価の上がり下がりはあまり気にしないように普段を過ごしています。

 

なので時間外に、指値注文をして株式を購入または、売却しています。

その時に最初は『あれ?なんでだろう』と思っていたことがあります。

 

 「始値」はその日にはじめて取引された株価で、「終値」はその日の最後に取引された株価を言います。

 

終値と始値が、違うことがあります。


なぜ終値と始値が違うのかというと、取引をできる時間帯は、平日の朝9時から11時30分まで(前場)です。

12時30分から15時まで(後場)の間です。

 

取引終了後から翌日の取引開始までの間には様々なニュース(例えば企業の決算発表や重要な経済指標の発表、政治的なものや地政学的な事象、アメリカ等の海外の市場動向等)が流れます。

その動向が翌日の「始値」に影響を与えるために前日の「終値」と異なるのです。

 

株を始めてから、ニュースの内容が気になるようになりました。みんな考えることは同じです。

企業にプラスであれば買い手が増え、「終値」よりも高い値段がつきやすくなります。企業にマイナスの内容であれば売り手が増え「終値」よりも安い値段がつきやすくなります。

 

このように、 前日の終値はあくまでも前日の最後に取引された株価です。

 

翌日の始値が前日の終値から始まるわけではないということです。

 

この差を最初は分からず、不思議に思いながら、株式取引していました。笑

今回、忘れないように記録してみました。

 

 

購入株式の詳細
 

💠株式銘柄詳細:ウエスコホールディングス(6091)

 

◆株主配当金:年間の1株あたりの配当金予定金額10.00円

 

◆株主優待の内容紹介

100株保有


◎四国水族館の入場無料券(1枚2,200円相当)


※四国水族館の入場料金は、大人(16歳以上):2,200円、小中学生:1,200円、幼児(3歳以上):600円です(2020年6月現在)

 

権利確定月:7月

 

 

※詳細は公式ホームページをご確認ください。

 

 

 

まとめ
 

国内株式を、主に株主優待目当てで株式を買っています。

 

今回は、来年の旅行を意識して購入しました。なので、権利確定月後に売却を考えようか、その時点で考えます。今は、再来年も同じ場所に旅行に行くかは、分からないので。

 

『前もって、1回だけ株主優待品が欲しいな』と思って株式購入するのは初めてです。でも、香川県は好きなので、毎年の旅行先にするのもありです。讃岐うどんが好きなので、讃岐うどんを食べに行くのは私の中ではありです。(^^)

なので、毎年の旅行先になるかもしれません。

 

 

今は、とにかく来年くらいに四国の香川県に旅行に、行ける未来を想像します。ワクワクしながら、待ちます。)^o^(

 

 

未だコロナウイルスは終息には、なりそうにないのですが。気兼ねなく、好きな場所へ旅行に出かけられる日を待ち望みます。